« スクリーンキャプチャーはPDF | トップページ | OS X 10.xのベンチマークソフト »

2002年10月 6日 (日)

CLIE PEG-S500C復旧

液晶破損していたが、同機種中古を8000円ほどでゲット。データ移行が面倒そうなので液晶の交換をしました。(HotSyncは同じ機種でも違う 機体として認識できるようになっているといううわさを聞いたので。:未確認)私にとっては小さい割に簡単に分解できたので楽勝でした。

ゲットしたPEG-S500Cの液晶はコントラストが濃いのに見やすい。シリアル番号も若干新しいので液晶のコントラストについての対策がされた後のものだったのか?対策があること自体うわさで聞いたことがあるだけだが、、、くっきりはっきりで見やすくなったよ。

ドライバ一本で液晶とボタン部分、側面前面パネル、後部パネル、ペンホールド、電源ボタン、バッテリー、ネジという具合に分解可能でした。

酷使するPDAなので部品取りの安い中古があると安心です。

|

« スクリーンキャプチャーはPDF | トップページ | OS X 10.xのベンチマークソフト »

2.カメラ・PC・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/56041377

この記事へのトラックバック一覧です: CLIE PEG-S500C復旧:

« スクリーンキャプチャーはPDF | トップページ | OS X 10.xのベンチマークソフト »